スタッフブログ

2013年11月 7日 木曜日

セミナーストーリー VMAT 太田



太田です!ジャンボ!!
本日は真面目ブログです...☆

11月3日はお休みを頂いて、セミナーに行ってきました!

"VMAT"のセミナーです
VMATとは
Veterinary
Medical
Assistance
Team
の略で、日本語に直すと災害派遣獣医療チームということだそうです。

獣医師•動物看護師などの、チームで大規模災害や、
多くの傷病動物が発生した事故などの現場で活動する、
専門的な訓練を受けた獣医療チームのことだそうで、
福岡が全国初ということでした。

今回はVMATの説明と、災害について、災害が起きた場合の
シミュレーション、人命救助の基本について
勉強させていただきました!

阪神大震災の後、VMATの基礎である人間版のDMAT
というのが作られました。東日本大震災では
被災動物についても大きくてとりあげられていました。

私もテレビなどで被災者とペットのドキュメンタリー番組を見た時に
ボランティアの方々の努力を見て自分にも何かできること
がないかな、と考えていたので何かの縁と思い参加しました!

VMATの主な仕事は現地の救護、交通整備、避難所での作業、
動物病院での作業などたくさんの仕事に分かれます。

中でも災害時継続的に被災動物を守るために
あらかじめシェルターの確保や、
飼育ボランティア(一般の方)の確保も大切な事だと知り、
何事も準備が重要になってくるんだなと感じました。

一般の方の飼育ボランティアさんから獣医師、
動物看護師、トリマーさんの協力などがあって
始めてたくさんの動物、そして飼い主である人間を
救うことにもつながるのです。

合わせて、人命救助の講習も受けさせて頂きました。
心肺蘇生法の仕方、MEDの使い方などを教えて頂きました。

なにもないことが一番ですが、何かあった時に行動できるように。

忘れないようにしなければいけません。

VMATの一員になり、何かあった時に少しでも誰かの役に立てれば
と思います。

これからも太田VMATへの道ということでブログアップさせて頂きます!

応援よろしくお願いいたします!!

こうして記事を書いてる間もチャーさんは私の右腕に噛み付いて遊んでおります...



投稿者 たかみや通り動物クリニック