院長ブログ

2014年7月 8日 火曜日

給料がなくなっても安くしてあげて下さい


みなさまチャオ
上の写真は安全の為、
ネットに二重に入ってもらっている
ねこちゃんです。こっちむいてるんですが
顔がどこかわかりますか~?

いきなりですが、
みんなが普段はそう考えるけども
実際に直面すると
「でもねー」 とか 「現実はねー」
と言ってしまう状況ってありますよね。
普段考えている通りに普段通りにする。
これってなかなか難しいと思うんです。
今日はうちの病院での話を
ちょっとさせて下さい。

先日、近所のワンちゃんネコちゃんの
保護をされている、優しい心をお持ちの
Eさんが来院されました。
近所でたまたま見かけた猫ちゃんを連れて。
顔が鼻の真ん中から目頭にかけてすっぱり
切れてました。その他にも体のあちこちに
傷があり、特に後ろ足はぱんぱんにはれて
うみが出てきていました。
正直言ってかなり重症です。
しかも、もともと外ネコちゃんで
捕まった恐怖からなのか興奮してしまっていて
とてもじゃないけども触ることができません。

それでも麻酔をかけることでなんとか
Eさんの希望通り傷の処置と一緒に
去勢までできました。
しかし、料金が思うより高くなりました。
どうしたものかと思いながら
スタッフと何気なく話をしていた時
の会話です。

スタッフ 「それなら安くしてあげて下さい。
      私の給料減ってもいいので安くしてあげて下さい。」

なんとこの人は優しい人なんだろうと絶句してしまいました。
さらにこのほんの短い間にちょっぴり涙がでていました。
なんなんでしょう。
世知辛い世の中でも
やっぱりこんなこという人がいるんだなって
少し混乱しました。

動物病院では人の優しさが突然煙のようにフワッと出てきて
それに包まれることがあります。
いつも突然に!
こころの深ーいところの優しい気持ちがドリップされて
ポトリと落ちてくるといった感じ。
その雫はそこにいた人の気持ちのカップで
静かな輪となり、ゆっくりと広がって
なんだかそこにいたみんなが幸せな気分になっちゃいます。

ほんと動物好きな人っていい!

たまーにこういうことがあるので動物病院やってて
よかったと思えます。

それでは チャオ

投稿者 たかみや通り動物クリニック

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30